FC2ブログ
MENU ≫ | ADMIN | WRITES | IMAGE |

最近の記事



キハ58九州急行色を作る②

ネットで実車を調べているうちに知ったのですが、KATOからキハ58専用のジャンパ栓が販売されているようですね。
これを使わない手はありませんので、早速購入するべく探してみるも、どこも品切れ・・・。
ヤフオクで何とか入手することができました(汗)

kiha58kyushu-05.jpg

このパーツです!
ちなみにKE80ジャンパ栓もクリーム色が発売されましたが、どうやら以前にも色違いを他の名前で販売しているようです。

さて、これらを使ってジャンパ栓を別体化しましょう。

kiha58kyushu-06.jpg

穴あけ途中の図。
今回キハ58-727を製作予定なのですが、この727はTOMIXのモールド位置とは若干違うようで、後で気が付いたのでランナー引き伸ばし線で埋め戻しています。

kiha58kyushu-07.jpg

開け直してジャンパ栓を取り付けてみました。
なかなかいいんではないでしょうか。
ちなみに相方のキハ65-54にはKE80ホースはいらないので、元モールドを利用したいと思います。

現在反射板掛けと放送用ケーブル線をどうするか考え中です。

| 模型日記 | 00:28 │Comment-│編集

キハ58九州急行色を作る①

部屋を整理していたら、塗装を落としたキハ58が出てきました。

たぶれっとの九州旧急行色デカールも一緒にあるので、どうやら製作途中のまま放置していた模様です。
最近休みの日に撮影にも行かないので、こいつを再開させようと思います。

kiha58kyushu-01.jpg

まずは手すり等の別パーツ化をします。
元モールドをデザインナイフでスライスします。
手すりはトレジャータウンのTTP215-01改115/キハ58系手すりセットを使用します。
またタイフォンはTOMIXのキハ40用を使ってスリットタイフォンに変えたいので、併せて除去しました。
除去したら、穴あけの位置決めのために針を刺します。

kiha58kyushu-02.jpg

穴あけには清吉ドリルを使いました。
初期投資はかかりますが、これを使ってからはドリルが折れなくなったので、
長い目で見れば安上がりかもしれません。
一か所ドリルが滑ってミスってしまいましたので、ランナー引き伸ばし線で埋めたいと思います。


kiha58kyushu-03.jpg

手すりを入れてみました。
このときの注意点として、裏側にはみ出さないように短めにカットして使用しております。

kiha58kyushu-04.jpg

スリットタイフォンとジャンパ栓も交換してみました。
ジャンパ栓は類似であるKATOのスハフ14用ASSYパーツを使用しました。

| 模型日記 | 19:19 │Comment-│編集

| main |

カレンダー

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

05 | 2018/06 | 07

月別アーカイブ

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Flashリバーシ