MENU ≫ | ADMIN | WRITES | IMAGE |

最近の記事



KATOとマイクロの京急2100形を比較する

KATOから待望の京急2100形が製品化されました。
今までマイクロ製品で満足していた自分ですが、試作品を見たら自分のなかでこれだ!と思う京急顔に仕上がっていましたので予約購入しました。
購入したのは8両の特別規格品のほうです。
方向幕に白幕が入っていっるベストセレクションは黒幕好きの自分にはちょっとね・・・。



早速手持ちの京急VVVF車を並べてみました。(右から2番目がKATO、その他マイクロ)
やはりKATOが腰高のようですね。個人的にはマイクロが3製品とも低すぎるような気がしますが、どうなのでしょう・・・。
さて、腰高の件が印象強すぎて細部の検証ができませんので、同じ高さにして比較してみます。



これでやっとまともに比較できますね(汗)
気になるとすればマイクロが白帯太めなことでしょうか。
これは窓ガラスとの境目に黒ラインを入れてあげれば印象が変わるかもしれません。
そして、何よりもマイクロよりKATOが勝っている点は窓ガラスの印象把握だと思いました。
マイクロは上部のアールが大きめに付いており、上にいくほど過度にすぼまっているのが印象把握を悪くしているように感じました。



分かりやすくするために上から撮影します。
KATOに比べてマイクロは上部がすぼまっているのが分かると思います。
なんだかトンネル断面の狭いところを走る地下鉄みたいですね(汗)
(仙台市営の新しいやつみたいな・・・)



ついでなので、更に俯瞰で撮影してみます。
その他のアールはそれほど大差なく感じます。

やはり、マイクロとKATOの最大の違いは前面窓ガラスのアールだと思うのですが、如何でしょうか?
その他の争点としては両開き扉などが有名ですが、ここでは省略したいと思います。

| 模型日記 | 01:48 │Comment-│編集

広電撮影してきました・その5

前回の続きです。

0954031_116mm.jpg

762号の折り返しを元宇品口で撮影しました。
やはり1系統の単車は入庫してしまうようですね。
以前は750形といえば日中運用にも入っていたのに、時代は変わったみたいです・・・。

750形が撮れないとなるとその他の狙いはグリーンムーバ―の幕車でしょうか。
タクシーを使って土橋までワープしました。

1018181_70mm.jpg

1019571_106mm.jpg

1027211_106mm.jpg

1028541_100mm.jpg

1034411_200mm.jpg

1035111_78mm.jpg


小網町~土橋の間で撮影しようと思っていたのですが建物影で不可能でしたので隣の天満町まできました。
お目当ての幕ムーバーは来ませんでしたが、今までまともに撮影したことのなかった連接車を撮影することができました。

| 撮影日記 | 00:40 │Comment-│編集

| main |

カレンダー

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

11 | 2015/12 | 01

月別アーカイブ

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Flashリバーシ