FC2ブログ
MENU ≫ | ADMIN | WRITES | IMAGE |

最近の記事



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment-│編集

九州横断特急を作る⑭

更新頻度が落ちてしまいましたが、少しずつ進めております。





窓ガラスですが、そのまま使用すると断面が目立つ可能性がありますので断面を黒で塗りました。
はみ出したら面倒なので、修正の簡単なポスカで塗っています。





黒塗装のマスキングのためにサボを削り取っていましたので復活させます。
トレジャータウンのTTP255-02サボ受け大量パーツをボディと同じように塗装してゴム系接着剤で取り付けました。





スカートに鹿よけのステップを付けます。
写真のようにKATOのASSYパーツの梯子をカットして使用してみました。
スポンサーサイト

| 模型日記 | 01:09 │Comment-│編集

九州横断特急を作る⑬

kiha185kyushu-33.jpg

ようやくデカール貼り終えました。
JRマーク等は予備がないので諦めます。。。

| 模型日記 | 00:28 │Comment-│編集

九州横断特急を作る⑫

塗装剥離した状態だったキハ185ですが、途中瞬間接着剤をこぼしたりしてお蔵入りになりかけました。
モールドがだいぶ傷ついてしまい、もうジャンク品レベルでこんなの完成させても満足できないでしょうが、意地で進めます。

前回と同様、まずは車内にサンディブランを吹き付けました。
次にモンザレッドを吹き付け、窓周りを残してマスキングします。
写真のように角は斜めにマスキングして丸くしたのですが、微妙そうです。

kiha185kyushu-30.jpg

続いてブラックを塗装します。
隠ぺい力のないモンザレッドでは苦戦しましたが、さすがにこちらは一回で色がのるので楽でした。

kiha185kyushu-31.jpg

続いて車体をマスキングして屋根をジャーマングレー+ブラックで塗装します。
中心部分にニュートラルグレーを足したものでグラデーションし、排気口にフラットブラックを吹くのは前回同様です。



マスキングテープを剥がしました。
言うのが遅くなりましたが、塗り分けの邪魔になるサボ受けは塗装前に削り落としてあります。
その甲斐あって吹き込みはほぼ皆無ですが、窓周りの黒のアールが全然表現できていませんでした(泣)
まあ塗り分け線がコルゲートで一段高くなっていますので、これは何となく予想していました。
またマスキングしてアールの部分にモンザレッドを、とも考えましたが、隠ぺい力ゼロのモンザレッドなのでもう一度吹き付けると厚塗り必至なので、これ以上は何もしないことにします・・・。

色差しとデカールをやれば、ようやく塗装剥離前に追いつくことができますね。
あ、その前にサボ受けと乗務員室手すりもありましたね。
先は長そうです。。。

| 模型日記 | 21:59 │Comment-│編集

九州横断特急を作る⑪

kiha185kyushu-27.jpg


デカールの余白を黒く塗って、それを貼りつければ上手くいくのではと思い貼ってみました。
マークソフターを使えば凹凸にも綺麗に馴染むと思ったのですが、結果はご覧の有様。
こうなってくると、もう修復は厳しいかと・・・。

kiha185kyushu-28.jpg

IPAで綺麗になってもらいました。
デカールに予備がないので内心焦っていますが・・・。
逆にいうと、デカール貼る前ならやり直し効くので、次は窓周りを塗装で仕上ます。
あと、色差し苦手なので乗務員扉周りも別パーツにしよう。

kiha185kyushu-29.jpg

ついでに貫通扉をくり抜きました。

https://www.youtube.com/watch?v=A-b2zOl5MC0

貫通扉の色が気になってYoutubeで動画を見ましたら、貫通扉がそもそもなさそうだったので・・・。
ちなみに、やり方ですがドリルで穴をあけて、繋いだのちに写真のやすり2種で仕上ました。
邪道かも知れませんがダイヤモンドやすりの切削能力高すぎて、1か所10分足らずでできました。

| 模型日記 | 19:10 │Comment-│編集

九州横断特急を作る⑩

たぶれっと製の九州横断特急デカールを使います。

kiha185kyushu-24.jpg

使う道具は写真の通りです。
マークソフターは使わず、マークセッターを使用します。
オルファの0.14mmのカッターを使うと切れ味が抜群ですが、標記が小さすぎてしんどいです。。。

kiha185kyushu-25.jpg

ここでハプニング発生!
なんと窓周りに黒色を塗る必要があることに今気が付きました(汗)

どうしたものか・・・どうリカバーするか考えます。

続きを読む

| 模型日記 | 23:36 │Comment-│編集

九州横断特急を作る⑨

外は台風ですが、休日は限られていますので塗装を続けます。
ボディはクレオスのモンザレッドを使用します。
吹いてみたところ、金属部分とボディとで塗り上がりの色に差がでてきそうだったので急きょジャーマングレーを吹き直しました。

kiha185kyushu-18.jpg

黒くしてからモンザレッドを吹きました。
流石に黒系の上に塗ると隠ぺい力が低下するので何度も何度も塗り重ね、だいぶ分厚くなりましたが何とか赤くなってくれました。
これ途中で中断すればしさぶろう・しんぺいの色に使えるなと思ったり・・・。

kiha185kyushu-19.jpg

マスキングして屋根を塗装します。
面倒くさかったのでマスキングゾルで横着しました(笑)

kiha185kyushu-20.jpg

屋根はジャーマングレー+フラットブラックを7:3くらいで混ぜたものを吹いています。
屋根が塗り終わったら前面との境界線だけを写真のようにずらします。

kiha185kyushu-21.jpg

排気口の汚れをフラットブラックで吹きます。
ついでに、屋根一色では殺風景ですのでエアーブラシに残ったフラットブラックにニュートラルグレーを混ぜて中心辺りを吹きグラデーション表現しました。

kiha185kyushu-22.jpg

吹き付け塗装が終わりましたら色差しをします。
難易度の低いポスカを使い、愛称幕Hゴムやライト周り、側面の窓周りを黒くしています。
またフォグランプのリムと側面のステップを銀で筆塗りしています。

結構はみ出しながら作業していますが、爪楊枝で軽くこすれば綺麗に取れますのでストレスなく作業できます。

kiha185kyushu-23.jpg

最後に、赤一色だと殺風景になりそうなのでエナメルカラーのフラットブラックで墨入れをしました。
墨入れしなかったキハ58と並べて違和感がでないように、控え目にやっております。

さて、ここで半光沢をボディとデカールに吹いて一晩寝かせたいと思います。

| 模型日記 | 00:34 │Comment-│編集

九州横断特急を作る⑧

塗装に行く前にスカートを調達します。
製品のスカートは縦方向に長いので、キハ58用スカートを、右側を削って使用します。

kiha185kyushu-12.jpg

キハ65がメインみたいな写真になってしまいましたが、キハ65が製品そのままのスカート、
右側が加工したスカートになります。
キハ65は右側が厚みを増しているので、そこを削って均等にしました。

足回りですが、床下より走行性能を取りたいのでキハ58の足回りが欲しいのですが、現状まだ手に入らず・・・。
ヤフオクで安いのを探したいと思います。

さて、ミッチャクロンを吹いてから塗装に入りますがまずは裏を塗装します。
この形式は窓が連続窓で室内灯を付けると車内がよく見えてしまうので、まずは黒で遮光します。

kiha185kyushu-13.jpg

車内ですが、画像検索すると木目調の落ち着いた車内っぽいのでキハ58の余りものからサンディブラウンを吹きました。

kiha185kyushu-14.jpg

デッキはダークグレーっぽいのですが、そこまで塗り分けするのは面倒なので省略します。
さて、このとき屋上機器のパーツを1個紛失してしまいました。
探しても見つからなかったので諦め、プラ板からそれらしく作りました。

kiha185kyushu-15.jpg

屋根を黒く塗れば目立たないだろうと信じています。
続いて無線アンテナ類をKATOのASSYパーツに交換しました。

kiha185kyushu-16.jpg

本当は塗装前にやるべき作業なのですが、忘れていました(汗)
無線アンテナは0.5mm、信号炎管は0.6mmのドリルで開口すると丁度良く入りました。

kiha185kyushu-14.jpg

続いて車内をマスキングしました。
これで車内が赤くなるのを防止します。

さて、雨なので塗装がなかなか乾かないですが、乾かして本塗装に移りたいと思います。

| 模型日記 | 12:41 │Comment-│編集

| main | next »

カレンダー

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

10 | 2018/11 | 12

月別アーカイブ

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Flashリバーシ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。