MENU ≫ | ADMIN | WRITES | IMAGE |

最近の記事



アクセラスポーツに乗ってみて

先日の山口遠征ではアクセラスポーツをレンタルしました。
今まで軽自動車、もしくはコンパクトカーしかレンタルしたことがなかったのですが、
評判のよいマツダ車に乗ってみたくなり、タイムズレンタカーでクラス指定しました。

2017080907563470b.jpg

2017080907564776d.jpg

言わずと知れた魂動デザインです。
ウインカーが下部にあるのでマイナーチェンジ後だと思われます。

20170809075625f24.jpg

車内はこんな感じです。
非常にかっこいいと思います!

乗ってみた感想ですが、静粛性や乗り心地のしっとりさはよくできていると思いました。
新型ヴィッツと近く、コンパクトカーもここまできたかと思われる仕上がりでした。

オルガンペダルは慣れるまで違和感しかなかったのですが、半日乗れば慣れました。
微調整がききやすいとのことですが、自分は足踏み式のほうが好きですね。
しかし、ペダル云々ではなく加速のよさに驚きました。
中速~高速域での加速はスバル インプレッサより遥かによく、踏めば踏むだけ
走るのは人馬一体!走る悦びを感じることができました。

欠点を挙げるとすれば後方視界の悪いこと悪いこと。
Cピラーが大きく、窓もすぼまっていく形状なので車線変更や合流がとても怖く感じました。

あとはCセグメントにしては車幅が広過ぎるので、あぜ道や山道を走る撮り鉄にはちょっと
苦しい場面もいくつかありました。
たとえば、肥薩線の吉尾~瀬戸石を並走するのは辛いでしょう。

その2つを除けば本当にいい車でした。
スバリストな私でしたが、マツダも悪くないなと感じさせられた車でした。

| クルマ | 00:19 │Comment-│編集

スタッドレス購入&交換しました

年末に転勤があり長野県民になりました。
今までは雪とはあまり縁のない生活をしていましたが、さすがに長野はということでスタッドレスタイヤを購入しました。

調べてみたらもの凄く高いですね。
あまりに高いのでアジアンタイヤにしようかとも思いましたが、ディーラーさんに強く反対されてブリジストンになりました(汗)
その代わりホイールは中古です。新品タイヤ+中古ホイールセットというものを購入しました。



こんな感じで家に届きました。
タイヤはブリヂストン ブリザック REVO GZ - 195/65R15、新品です!
これと中古ホイールがセットで51920円でした。



早速車載ジャッキとレンチで交換します。
初めてなので事前にYouTubeで動画みて勉強しました。



交換された夏タイヤ。交換には1時間以上かかってしまいました。
なぜホイールキャップが取れているかと言いますと、冬タイヤのホイールキャップにもスバルロゴが欲しいということで、このあと再びタイヤ外し→1本ずつホイールキャップだけ交換しました。
何という二度手間・・・(´Д`)

| クルマ | 00:04 │Comment-│編集

インプ号で撮り鉄八ヶ岳・その4





稲穂とインプ号です。
脱輪にもめげずにカメラを向けました!

もともと飛び石が何個もあるので、言われないと分かりませんね(笑)

| クルマ | 06:29 │Comment-│編集

脱輪後のインプ号の点検とE型速報

昨日側溝に左前輪を脱輪させてしまったインプ号、心配でしたので急きょディーラーで見てもらうことになりました。



メカニックの方に説明を受けます。
コンクリートや石などの固い物ではなく土との接触なので支障のある損傷は見受けられないとのことでした。
強いて言えば矢印の場所が少し曲がっているような・・・とのことでした。



ホイール、タイヤも汚れだけで目立った損傷はないです。
タイヤ側面は少し擦り減りましたが、文字もくっきりしているし問題なさそうです。

このあとメカニックの方に試運転してもらい問題なさそうでしたので引き取りました。
バンパー傷だけで済んで不幸中の幸いでした。



4日にインプレッサスポーツ、G4のE型が解禁になりました。
目玉は1.6LにもEyeSightが搭載されたことでしょう。
そのほかの変更点はあとで確認したいと思いますが、やはり静粛性の向上が気になります・・・

| クルマ | 19:40 │Comment-│編集

インプ号で撮り鉄三重県・その5







参宮線撮影の合間には愛車インプレッサG4も撮影しました。
沿線は緑豊かでインプ号が写真映えします!
2枚目は寄せてしまいバンパーが草に隠れそうになり窮屈になってしまいました(^^;
個人的には3枚目がお気に入りです( ´∀`)

| クルマ | 06:17 │Comment-│編集

インプレッサスポーツハイブリッド試乗しました



早いものでインプ号の6か月後点検をしてきました。
5月22日の1ヶ月後点検以来、4か月で3750km走行しました。平均燃費は13.4km/lでした。

さて、6か月後点検は1時間かかりますのでその待ち時間でインプレッサスポーツハイブリッドの試乗をしてきました。



グレードは20i-S EyeSightです。色は新規色のクォーツブルー・パールです。
まず外見ですがインプレッサD型からフロントグリルの外枠がフラットブラックに変更になり、アクセサリーライナーがL字から直線に変わりました。



リヤはテールライトが新規に起こされているようです。



黒塗装が目立つホイールです。塗装以外はD型の2.0i-Sと変わらないように見えますが、HVシステムの重量を受け止めるべく205/50/17→215/50/17になっています。



内装もD型インプレッサでお馴染みのものです。メーターがハイブリッドらしく青色になりました。



MFDにもモーターアシストの状況が分かる画面が追加されています。まるでプリウスのようですね。
自分が初めてプリウスに乗ったとき、ハイブリッドであることよりも、こういったディスプレイ類に興味を持ちました(笑)

さて、走らせてみますとスバル車独特のエンジン音はそのままに、モーターがアシストしている分非HVよりも加速がスムーズです。
そして、個人的にHVの感じることができるのがアイドリングストップ前後だと思いました。
アイドリングストップ解除後10km/hくらいまでは無音で、非HVでいうエンジンがかかる動作がないのでバッテリーには優しい印象を受けました。



専用品が起こされて一見性能向上したと思わせるメーター周りですが、実は劣化しています。
アイサイトVer.2であることが起因しているようですが、中心のディスプレイは液晶ではなくデジタルです。
よって非HVにある画面切り替え機能はありません。
先行車発進やふらつき注意などの警告もここに表示することはできません。



代わりにMFDに表示されます。

アイサイトがVer.2であることを除けば非HVと違和感なく運転できます。
ハンドリングや操舵感などはインプ乗りの自分にとっては同じ感覚で運転するkとができました。
車幅が微妙に増えたらしいのですが、言われても気が付かないレベルです。
では、一番変化を感じたのはどの部分かといいますと静粛性です。ロードノイズが明らかに減少しています。
今回携帯のアプリで騒音をチェックしたのですがHVが平均65db、うちのインプ号が平均68dbでした。
非HVだと70dbを超える瞬間がよく見かけたのですが、HVはなく静粛性に差を感じました。

正直ハイブリッド性能よりも静粛性のほうが収穫になりました。
自分のインプ号にもデッドニングしたいと思わせる、そんなインプレッサスポーツハイブリッドでした。

| クルマ | 23:40 │Comment-│編集

アテンザ試乗してきました

スバルの最大のライバルであるマツダの車に一度乗ってみたかったので試乗に行ってきました。



車種はアテンザ XD PROACTIVE 2WDです。ワゴンのほうです。
最近のマツダはBMWと同じ戦法で全車種同一デザインを展開していますが、この魂動デザインでは一番アテンザワゴンがかっこいいと思います。
それだけでなく、マツダ車のフラッグシップモデルなので機能面では惜しみなく最先端技術盛りだくさんなので、一番楽しめるはずです。



インプ乗りの自分にとって最も羨ましいのがこのインテリア配置です。
カーナビ画面が上部にあったほうが運転中の目線の移動が少なくて済むので、この配置のほうが運転しやすいのは明確です。
その代わり手が届かなくなるという欠点が生じますが、これは電動パーキングの隣にマウス?があるので慣れの問題でしょう。



メーター周りです。
黒一色で殺風景ですが品があります。さすがフラッグシップですね。
メーターも2眼あり、ここはアクセラやデミオとは違いを感じますね。



シートです。
フラッグシップらしく電動シートを期待しましたが、どうやらオプションのようです。



ワゴンなので荷室の広さも気になります。
後席を倒しても、その継ぎ目がフラットなので横になりやすそうですね。
インプ号よりも車中泊に適しています。当たり前ですが(笑)

前置きが長くなりましたが試乗に出ました。
まずは営業の方が運転してくださったのですが、助手席にいる分には全くディーゼル音がわかりません。
聴こえるのはロードノイズだけでした。これには驚きです。
しかも静粛性が非常に高いので、優雅にサウンドを聴きながら運転することもできそうです。

途中で運転を交代しました。
まず気にしていた車幅1840mmですが、やはりインプ号+100mmは想像以上に大きく感じました。
狭路での行き違いになったら万事休すです。
そしてアクセルを踏むとようやく聴こえましたディーゼルサウンド!これは気動車と根本は一緒なので、なんだか電車の走行音聴いているみたいで楽しいです(笑)

とまあ、こんな感じで試乗を終えました。
物凄い立派なパンフレットをもらい、退散しました。

| クルマ | 22:53 │Comment-│編集

| main | next »

カレンダー

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07 | 2017/08 | 09

月別アーカイブ

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Flashリバーシ