MENU ≫ | ADMIN | WRITES | IMAGE |

最近の記事



4月30日の撮影

GWがやってまいりました!
今年は快晴を狙うとこの日しかなさそうでしたので、遠征はやめて日帰りで茨城県へ行ってきました。
目当てはひたちなか海浜鉄道のキハ205とE501系です。

自宅を5時に出発し、2時間かけて友部〜内原に移動しました。





ここで誤算が発生!詰所を超えるために300mm以上必要でした。
当然70-200mmしか持っていなく、超トリミングしています。
今度来るときは100-400mmの砲丸レンズで挑みたいと思います!

友部7:16発の531MはE501系10両による運用です。(水戸以南のいわき行きは基本的にE501系)
531M以降でE501系を狙うとなると水戸線のみになってしまうので、水戸線に転戦することにします。




稲田〜笠間にて。この場所は2両とか短いのが似合いそうですね。
さすがに5両だとちょっと窮屈でした(汗)



隣の福原〜稲田にて、今度は光線が微妙でした。
まあ5月の9時台ですから当然といえば当然でしょうか…。
これにて撮影を切り上げ、ひたちなか海浜鉄道へ移動します。
途中コンビニの駐車場でご飯&仮眠を取り、金上〜中根には13時ごろ着きました。









14時、15時、16時と1時間おきに来ました。
14時の光線が一番いいですね。これは7月以降にリベンジしたいです。




最後に折り返しを隣の駅間で撮影しました。
肉眼で見た景色より暗めな気がしますが、汚れが原因なら早く掃除に出さないといけませんね。
今度サービスセンターへ持っていこうと思います。

さて、これで撤収したのですが北関東道が激混みしているのでひたちなかICはおすすめしません。
結局友部付近から常磐道で帰りました。

| 撮影日記 | 01:32 │Comment-│編集

4月16日の撮影(三江線の桜を撮りに行ったものの…④)

粕淵のトラス橋で撮影したあとは石見川本へ移動しました。
線路沿いに走っていましたら図らずも列車と並走する形になり、石見川本にもほぼ同時に到着しました。

ここで入場券を購入し、ホームから撮影します。





跨線橋には小さい穴があいていて、そこから撮影したものをトリミングしました。
ちなみにこの列車は石見川本止まりの424Dですが、90分の小休止ののち江津行きの426Dになります。
この間に乗客も乗務員もお昼休みを取っているようで、この一時は駅前が賑やかになります。

さて、今回は更に北上して426Dを撮影したいと思います。
まずは因原~鹿賀のガーダー橋に行きました。





俯瞰と踏切脇とそれぞれ撮影しました。
この先も追っかけするか、香淀辺りで429Dを撮影予定でしたが、雲が広がってしまい回復の可能性が低く感じたので深追いせず撤収しました。

帰りは広島駅までレンタカーを運転しますが、因原辺りから広島方面へ道がありますので、三次を通らずにショートカットして帰れました。
広島に15時過ぎに到着し、折角なら広電でもと銀山町付近で撮影を試みるも車の交通量が多すぎて撮影不可能でした。
併用区間ではなく宮島線に行けばよかった…(泣)

最後に広島駅の金券ショップで新幹線指定席を17000円くらいで購入し、指定席を取ろうとするもやはりと言うかほぼ満席でした。
代わりに広島始発ののぞみがあったので、それの自由席に乗ることに・・・。
いざ車内に入ってみると着席率5割くらいで、かえって指定席よりも快適に移動できました。
指定がほぼ満席の場合は自由席もアリですね!

| 撮影日記 | 00:55 │Comment-│編集

4月16日の撮影(三江線の桜を撮りに行ったものの…③)

復路までの間カヌー公園さくぎに車を停めて仮眠しました。
寝ている間に霧もはれ、ようやく予報通りの晴れ模様になりました。
駐車場で車を降りるとそこが撮影地になっています。



前回は列車重視でしたので、今回は川も空も入れて撮影しました。
しかしここの撮影地はお手軽ですね。
駐車場から撮影できるのにここまで景色がいいなんて、本当に恵まれていると思います。

さて、ここから追っかけ開始です。
とは言うものの、相手は時速30km/hなので少し走るだけで追い抜けます。







作木口〜江平の間だけでこんなに撮影できました。
最後の1枚は江の川を渡る鉄橋が綺麗でしたので入れてみたのですが、小さすぎて分かりにくくなってしまいました(汗)

次は本命の潮俯瞰です。
ここの桜が撮影したくて来たと言っても過言ではない今回の遠征です。



桜が散ってしまったのは非常に残念ですが、それでも満足のいく1枚が撮影できました。

続いて、昨日と同じ粕淵のトラス橋へ追っかけします。




ここも上手く撮影できました(^^)

| 撮影日記 | 00:35 │Comment-│編集

4月16日の撮影(三江線の桜を撮りに行ったものの…②)

遠征2日目です。
大和荘の温泉に入り疲れを癒したあとは道の駅インフォメーションかわもとで車中泊しました。
今回はホンダのフィットだったのですが、運転席背もたれが完全に倒れましたので、簡単に横になることができました。

そして6:30に起床、相変わらずの晴れ予報→曇り空です(`ヘ´#)
まずは423Dを撮影するために潮駅へ向かいました。
着いてすぐに422Dがきましたので後打ちしました。



浜田まで走るとはかなりのロングラン運用ですね。
さて、423Dは大和荘の駐車場入り口から撮影しました。



晴れていれば順光でしたが、霧も立ちこめるまでの見事な天気です。。。
そして大和荘の宿泊客でしょうか?早朝にも関わらず数人の撮影者もいました。
秘境路線の中間地点ですから、朝7時にこの場所にいることは容易ではありません。



追っかけして宇津井~伊賀和志の鉄橋です。
このアングルはあまり作例を見ませんが、ここも晴れれば順光になりますのでいつかリベンジしたいです。






更に追っかけして作木口付近にて。
決して風が穏やかだったわけではありませんが、奇跡的に水鏡になりました!
しかしこの天気ではやる気になれません。
これ以上追いかけるのが面倒になりましたので、ここで小休止して返しの424Dを待つことにしました。

| 撮影日記 | 00:04 │Comment-│編集

4月15日の撮影(三江線の桜を撮りに行ったものの…①)

来年3月で廃止が決まっている三江線。
三江線といえば沿線の桜が有名で、今回ラストチャンスと言われている三江線と桜を絡めた写真を撮影しに行ってきました。
まずは東京22:00発のJAMJAMライナーJX501便で広島へ。
広島駅8:35着なので夏場の朝練はできないですが、3列シートコンセント付きで7000円は安いです。

そして広島からはレンタカーで向かいます。前回は三次からレンタカーを借りましたが、今回は満車で借りれませんでした。
広島~三次の運賃が1320円ということを考えると、広島IC~大朝IC1470円+ガソリン代は割高だと思います。。。

さて、広島から100分ほどで潮駅に着きます。
撮影する424Dは11:28に来ますので、1時間近く時間に余裕ができました。
周辺を見ますと同業者の姿がちらほらとあります。多くは駅周辺で停車中を狙うもの、線路脇で江の川を絡めて撮影するもののどちらかに分かれ、自分のように福祉施設の駐車場から俯瞰するものは少な目でした。



それもそのはず、なぜなら桜はほぼ散ってしまっていました。
天気も予報に反して曇りですし、本当に残念でした。

s-1153311_200_200mm.jpg

追いかけて粕淵の鉄橋で2発目を撮影します。
晴れれば順光なのですがね・・・



3発目は因原~鹿賀のガーダー橋で、ここで初めて晴れました。
これで追っかけは終了します。
2時間ほど仮眠をとり、次は429Dを鹿賀で撮影しました。


ここも大きな桜の木がある場所なのですが、花はご覧のとおりほぼ散っていました(泣)



最後に宇都井へ行きました。







嬉しいことに水鏡になっていたのですが、上手く活かしきれませんでした(汗)

これで撮影終了です。最後に潮の大和荘で温泉に入りました。
風呂は1種類のみで露天はありませんが、温泉の質がいいので満足度が高いです。



温泉の駐輪場には提灯が連なっていて、綺麗でした。

| 撮影日記 | 01:38 │Comment-│編集

GM817系の方向幕点灯化①

GM817系佐世保車の行先表示を点灯化したいと思います。
まずは行先表示が印刷されている部分を穴空けしました。



今回はライトユニットではなくボディ側に行先が印刷されていました。
形がいびつになってしまいましたが、今回はこのくらいで妥協したいと思います。



言い訳をすると、穴空けの部分がとても分厚かったです。



前面ガラスを当てて見ました。
こうやって見れば、汚ない加工も誤魔化せそうですね。
次は電飾になりますが、今回は室内灯から配線を取ろうかと考えています。

| 模型日記 | 03:03 │Comment-│編集

レンタルレイアウト夢空間へ行ってきました

最初に、画像多いのでお気をつけください。

最近模型を全く走らせていなかったので、前から気になっていた夢空間さんへ行くことにしました。
実は少しずつ購入していて、でも全く紹介できていない車両も多いので、それらを中心に走らせたいと思います!

夢空間さんの場所ですが中川新橋というバス停が最寄りです。
自分は都営の一日券700円を使い、船堀から錦糸町行きのバスに乗りました。
さて、今回は在来線(内側)を利用します。
予約の流れですが、当日の12時頃にブログを覗きましたら空き状況が出ていました。
それを元に希望を電話で伝えるかたちになります。

店舗に入りますと、店長さんが丁寧に利用方法を説明してくれました。
全体像を撮影するのを忘れてしまいましたが、運転開始です。
まずは発売後間もないGM817系佐世保車です。



メイン駅の右側に川が流れていて、そこにかかっているガーダー橋がとても綺麗にウェザリングされています。



複々線を走っている光景は鹿児島本線っぽいですね。



ちなみに模型撮りにはCanonS95というコンデジを使っているのですが、開始20分で電池切れになってしまいました…(泣)

なので携帯で撮影したのですが、HuaweiP9というライカ製2眼レンズの高性能カメラがついています。
意外とコンデジに負けていないと思うのですが、如何でしょうか?

さて、お次はマイクロのキハ31です。
こちらも817系同様、まだ弄っていません(汗)



一昔前の肥薩線が好きで何回も遠征したのが懐かしいです。
今ではキハ31も九州横断道特急も来なくなってしまい、代わりにやませみかわせみが走り出しています。
ここ1、2年であれよあれよと、気がつけばキハ40系列に統一されましたね。ただただ驚くばかりです。


複々線を2両で走る姿は若松線からの返却回送のようですね。
と言っても、若松線は3月4日に819系に置き換えられてしまいましたね。
どんどんキハ31の活躍の場が狭まり寂しいです…。



運転席の右手にダミーの築堤がありましたので、そこに載せてみました。
なんとなく原田線のイメージです(笑)

最後は名鉄3100系と3500系です。
数年前に方向幕の点灯化を済ませたままタンスの肥やしになっていました(笑)









あまり調子はよくなかったですが、自作した方向幕が光るのはやっぱり嬉しい!
本当はつなげて6両で遊ぶつもりだったのですが、まさかの3500系がダミーカプラーでした…。

あっという間に2時間が過ぎました。
これほどシーナリーに富んでいて作り込まれたレイアウトは入間レールパーク以来だと感じました。
今後はローカル線も製作されるそうで、キハ31やキハ58が走る姿を想像すると、期待が高まります!!


さて、今回817系の写真が後退時ばかりだったのはヘッドライトの暗さが原因です。
ということで、帰宅後早速抵抗を交換しました。



ようやく見れる明るさになりました!

| 模型日記 | 00:18 │Comment-│編集

| main | next »

カレンダー

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04 | 2017/05 | 06

月別アーカイブ

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Flashリバーシ